30代無職、リア充になるための読書ログ。

何事にも興味がわかなくなった読書経験が少ない30代無職職歴ほぼ無し男が、リア充になるために本を読みます。

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。 『自分の考えがうまく伝わる要約の技術』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、7冊目。

どんな本?

さまざまな具体例を通じ、効果的な要約の方法や、要約力を高めるためのスキル、ヒントが身につくことが書かれてます。これを手元に継続して実践すれば、要約力が確実にあがるでしょう。

 

こんな人に。

・いろいろ考えは頭に出るけど、まとまらない人。

・たくさんの事例から丁寧にまとめる、要約する、ということを知りたい人。

 

 

感想

わたしは、要約するのが下手です。

人に説明するときも、どう話したらいいのかうまくまとまらなかったり、必要でないことを長々話したり、ということがありました。

それで、この本を手に取ってみました。

この本は、わたしのようにまとめるのが下手な人間にはすごい良書です。

まず、さきほどわたしが言った、「必要でないことを長々話したり」ということですが、まさにこの本にそのことが書いてありました。

 

わたしは昔、知人に「見た映画はどんな映画だったの?」と聞かれ、最初から最後まで順を追って話したりしたことがありました。

おそらく、知人はそれを聞いてまだるっこしかったでしょう。

この本には、そうした冗長な話より、多くの人は要約された話を欲しがっている、ということが書かれていました。

もちろん、わたしもそれをわかっていてもうまくまとめられない。しかし、すぐに切り返さなくてはならない。

「どうしたらまとめるのがうまくなるんだろう?」と悩み、この本にたどり着いています。

 

著者が言うには「要約には流れ・原則がある」ということです。

 

・全体の流れをつかむ

・文章の構造がどうなっているかを考える

・目的を確かめて重要な部分を選別する

・残す部分を考えながら抽象度をあげる

・誤解のない形に仕上げる

 

という手順に沿って要約をすると、文章が正確かつコンパクトになる、ということです。

これらは第2章の冒頭に書いてあり、まだ「抽象度」が高いですがここから各ページでこれらの項目の具体的な解説がとても丁寧にされています。

 

わたしはこの本に出会えてとてもよかったと思ってます。

わたしのような頭の回らないものには、概念だけではなく「具体的にどうすればいいのか?」ということを書いてもらえると、「こういう場合はこうしたらいいのね!」となるので、そういった本はありがたいです。

どうしても、多くの本はここまで具体的ではなく、もう一段階上の「抽象度」でとまってしまうので・・・。

もちろん、書いてあることを実践しなければ、上手くも早くもならないでしょう。

こうしてブログを書いているのも、その訓練の一つです。

 

まとめるのが上手ではないみなさん、おススメの本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

読書経験が少ない30代無職が数日数冊読書をしてみて。

数日数冊読書をまじめにしてみて。

これは、普段2chまとめとかマンガしかみてなく、たまに本を買っては一読して、その本の内容など覚えていないくらいの頭の持ち主の、ある30代無職の感想です。

 

 

しんどい!

何をやっても長続きしないわたしが、読書記録をつけて本を読んでみようと思ってやってはみているものの、たくさん集中をするのは非常に疲れます。

それは、2chまとめとかマンガとは違います。

なぜなら、楽しめていないからでしょう。

2chまとめは即席にギャグや皮肉という刺激を味わえるし、マンガはそのストーリー展開で心を引っ張られたりします。

本にはためになることは書いてあって、「へえ、そんなことがあるのか、すごいな!」とはなりますが、そこに至るまでのほかの文章が無職で仕事に意欲もない、少ないわたしのエネルギーを奪い取っていくのです。

なぜ読むか。

 

人生を諦めきれないからでしょう。

 

家に一日いてもやることはそこまでないです。

それもつらいが、今すぐ仕事をする気にもなれない、、、

ならばせめて自分のために何かしなくては、と思ったときに合理的なのが、いわずもがな『読書』です。

 

しかし、今日は張りつめていた糸が切れてしまいました。

《頑張って》本を読んでいるときに、ふと「もう読みたくないな、もうやめようかな…」となったりしまして。

『目標は一日一冊!』なんてのを掲げたのだが、無理でした。

無理だっただから今こうして本の感想以外のことを書いてるんですね。。。

目標を高く掲げて、できないからと言ってやめる。

これをわたしは幾度となく繰り返してきました。

もう同じ過ちは繰り返したくはない。

焦らず、もう少しペース配分を考えて本を読んでいきたいと思います。

 

ただ、わたしはこのような『頭の使い方』を変えていきたい。

また幾度となく日和ることもあるかと思いますが、それに対しての知識をいろいろな本から得て、実践していきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』

 

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、6冊目。

 

どんな本?

リッツ・カールトンのサービス哲学を通じて人と接するときのヒントを与えてくれる本。

 

こんな人に。

・やる気充実、発奮間近の若者に。

感想

いやはやまったく、この本はつらい。

何がつらいって、それはわたしが無職だからです!

なぜ読んだかって、最初に読んだ『アクティブブレイン式記憶できる読書術』に具体例としての載っていたから。基本的にこの本を基にして読書の記録を取ろうと思っていたので、読みました。

 

わたしはダメ人間です。

仕事が続かず何をしていいのかわからず、本を読んでいます。

この本の内容は、ラグジュアリーなホテルの日本支社長が書かれた本で、これでもかというサービスをお客様にして、従業員もお客様も満足、みたいなレベルの高い人間のことばかり書かれています。

例えばあるリッツカートンホテルのビーチで、

「プロポーズしたいからイス取っといてよ」

「かしこまりました」

(よーし、プロポーズならテーブルもあったほうがいいな、お客様のひざが汚れないようにタオルもしこう。あ、何かサポートするかもしれないからタキシードに着がえとこっか!)

と、お客様に喜んでもらうのが喜び、みたいな素晴らしい人間たちでこのホテルの従業員は構成されているみたいです。書いてあることで言えば、

”紳士淑女にお仕えする私たちも紳士淑女です”

ということなのです。

その一帯は、ハイソサエティな空間なのです。

もちろん、こういう気持ちで働き光り輝ければな、と憧れたりもしますが、そういうのは今回与えられたわたしの人生ではないのでそう思えずとも仕方ないでしょう。

わたしの信条としては、

「そこまできついことすることないじゃん、みんなしんどくなるよ」

だったりもするので、このような意識高い系の本を読んでも合わないんです。

反対に、「僕はサービス業を極めるぞ!」「私はお客様のためにこの人生を使います!」という気概あふれる御仁が読むなら、良書なのでしょう。

読み手を選ぶのが顕著な本です。

いや、わたしがマイノリティなだけでしょうか、、、

 

もちろん、一人間として、この本が素晴らしいことを言っているとも思います。

”心からのおもてなしは、お客様に愛情を示すこと”という見出しがあり、その中には、ある医者が心臓外科医に必要なものは何かとたずねられ、それは想像力と判断力、テクニカルスキル、そしてそれらを足して十倍にしたくらいの愛情が必要だ、という話が書かれていました。

こういう考えは、好まざるを得ません。

それはわたしが今、愛に飢えているからでしょう。

愛がいらない人間などいません。

なので、お店なんか行って「お、これは愛されているな」と思うことがあれば、リピートしてしまうのはもっともなことなのです。

愛やホスピタリティという文字列を見れたのが、わたしが感じたこの本の有意義さでした。

 

 

 

 

 

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『自分の考えを「5分でまとめて」「3分で伝える」技術』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、5冊目。

 

どんな本?

この本には、自分の考えをまとめる時の手助けになったり、仕事などのコミュにケーソンで役立つことが書かれているので、実践すれば物事をまとめることや、伝えることがうまくなる。

こんな人に。

本をあまり読まず、

・口下手で、一歩踏み出したい人に。

・伝えることより、まずまとめることをしたい人に。

 

読書難易度★★

 

 感想 

わたしは本の内容を覚えることともに、まとめることが多分に下手です。

なので、今は『本の内容をまとめる本』を中心に読書をしてます。

この本は5年位前に買って放置していた本。おそらく、そのころから『まとめる』ことに苦労をしていたんでしょう。

読んだかどうかもわからなくなっていた。ああ、わたしは記憶力も悪いのです。

今回、人生を楽しむコツをつかみたく読書をしているわけだが、そのためには頭に残る読書をしなくては。

そのための何冊かのうちの一冊。

 

読み終えて。

 なかなかタイトルの通りの本というのには当たらないですね。

5分でまとめると書いてあったのは”30分読んで5分間振り返ろう”という部分だったし、3分で伝えるというのは”新聞のリードのような問題提起、提案、根拠の場合、ひな型をつかえば3分で伝えられる”ということでした。

交渉事の項目でも、”5分聞いて3分は話す気持ちで”とも書かれているが、けっして、タイトル通りのことではなかったです。

なんだったら、

とりあえず「5分でまとめて3分で伝える」技術を考えてみる

ということが書いてありました。

この本はとりあえず、考えてみる本みたいですね。

こういうのはしょうがないねと笑って、次の本に行けばいいのでしょうか。

昨今言われている、「一冊の本からは一つのことがわかればもうけもの」という風潮はどこから来た風なんでしょうか。

今一度本のタイトル負けの件については、世に一考を促したいもの。

 

 

といっても、この本は多分に役に立つ知識も書かれていました。

『まとめる力』もコツコツトレーニングすることで培われるということや、本を読んだだけでは内容が残らないこと、メモの重要性など、よく言われていることですが定期的に頭に置いておいて習慣化すべきことが語られていました。

『ひな型』の概念も、ぼんやりしていたものであった中、少しだけ詳しくまりましたし。

当たり前のことでもどのような『角度』でどのような『人物』が語るのか、どのよにうに『肉付け』するのかで、もしかしたら本はバイブルにもなるかもしれないです。

タイトル負けをしていてノウハウ本ではないけれど、考え方をもう一度頭に呼び起こすものとして、こういう本もいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。 『脳科学×瞑想で集中力が高まる 世界のエリートがやっている最高の休息法』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、4冊目。

 

どんな本?

この本には科学的根拠を踏まえて脳を休ませる方法が書かれていて、読めば脳を休ませるためのマインドフルネスで心を落ち着かせることや、脳の疲れや習慣を良くすることが書かれています。

 

ただただボーっとしていても、脳は疲れていく。

マインドフルネスというやり方で脳を休息させる。

継続することで脳の構造が変わる。

脳の疲れや、怒り、不安などの対処にマインドフルネスが効果的だということが、科学的見地から語られています。

 

 

こんな人に。

・頭脳的、肉体的、どちらでもとにかく疲れている人。

  疲れを和らげる方法が書かれています。

・不安や焦り、怒りがよく出てきてしまう人。

  対処法の記載あり。

・記憶力を良くしたい人。ミスを減らしたい人。

  この本に書いてある方法でそうなれる人もいるみたいです。

 

読書難易度

★★★

 

 感想

 わたしはうっかりミスが多い。ボーっとすることも多いし、何より疲れやすいです。

そんなわけで、「疲れを癒す」方法が書かれた本はないか、と探していました。

この本をチョイスしたのは、「脳科学」という言葉に心をつかまれてでした。

疲れを癒す方法をいくら書かれていたからといっても裏付ける実証がないと、疑い深いわたしは信じづらいんです。

その点、この本は海外で実際25年ほど精神科に携わっていた医師がその科学的根拠と最先端の脳科学を引っ提げて、この日本に悠々と本を書かれた(のではないでしょうか)と思ったので、わたしは全面的に支持をしたい!そう思いました。

内容も、わたしのような、ネガティブで生きてきたものにとっては、どれも救いの天使のように感じます。

とくに、

「脳に可塑性がある」

という言葉に、私は電灯もない夜の小道に後光を差したお釈迦様が空からうっすら見守っている様子が見えたかかのごとく、気持ちにエネルギーが増えていくのを感じました。

今まで、どれだけ勘違いや、焦りで失敗してきたことか、、、

この本に書いてあるように、瞑想を継続することによって、脳の構造が変わるのであれば、いくら頑張っても変わらなかった性格の部分が良くなって、そのうちに安らかで動じない心がはぐくまれるはず!

 

ああ、ありがたや・・・

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『キュレーションの時代―「つながり」の情報革命が始まる』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、3冊目。

どんな本?

ネットでの新現象を読み解き、情報の価値の変化や、その中でキュレーションの価値が高まっていることへの考察が書かれています。

 

キュレーション=価値を見出し紹介する人

 

といったところで、消費の仕方が記号消費(マスコミが作り上げたもの)から、つながり消費に変わってく上で、キュレーションの価値が高まってるということ、そしてコンテンツの一次情報だけでなく『あなただけにとっての価値』の提供こそ必要になってくる時代だ、ということが語られています。

 

こんな人に。

・昔と今の情報の価値の変化についてたくさんの視点から知りたい人に。

 

本の感想

なぜこの本を選択したかというと、またまたアクティブ・ブレイン式 記憶できる読書術に課題図書として挙げられていたからです。

 本当はあまり興味がありませんでした。

新書という分類の本を読むのはほとんどない。「そもそも新書ってなに?」というレベルの中で読んでみました。

 

読んでみて。

いやあ、3冊目にして、きつかったです。。。

著者がこの本を通して何が言いたいのかがさっぱりわからない。

わたしが教養がなく、こういう本をほとんど読んだことがないからでありますが、この本はあちらこちらに話をふくらませ、わかりやすい具体例が少なかったです。

読書力があまりない私には、「結局のところ、何がいいたいの?」となってしまった。そもそも新書という形態には特にまとまった言いたいなどないのでしょうか?

 

「『新書』ってこんなんばっかりなのか…」

 

と、本日は軽く新書嫌いになってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『会話がとぎれない話し方66のルール』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、2冊目。

 

・どんな本?

会話での聞き方、話し方、質問で、話を弾ませて15分以上会話を続けられるようになるテクニックが書かれた本。それぞれのステップでその方法が細かく書かれています。

 

こんな人にオススメ。

・普段会社や学校で話し方がわからず、人と関わるのが苦手な人に。

・1ページの文字数が少ないので、本をあまり読まない人に。

・細かいテクニックが書かれているので、普段コミュニケーションをそれなりにやっている人も一読の価値あり。

  

 

・感想

この本は最初に読んだアクティブ・ブレイン式 記憶できる読書術の中で、具体例で使われていた本。

 その具体例で書かれている「リーディングマップ」を作って、実際著者とどれくらい違いが出るのかと思い、やってみようと思い立ち購入しました。

また、誰とでも15分以上会話が途切れないというセンセーショナルなコピーが書かれてあり、「どうやったらそんなことができるんだろう?」と、興味があったので読んでみました。

 

そして、読んでみて。

わたしは、自分では人に気を遣う方だと思ってます。

あまり元気のない同僚がいたら、「干し柿でも食べてあたったのかな…」くらいに気をかけて、自分の干し柿を相手の視界から遠ざけるくらいのことはします。

しかし、この本を読んで、もしかして相手のことを考えているつもりでも自分の話ばかりしていたことも多かったのかもしれない、という思いが湧き出てきました。

  むしろ、相手に話しをさせる。

干し柿以外の何にあたったのかを聞き出すことが大切なのです。

 

 

印象的だった文章。

 

”何気ない日常に良い話題が潜んでいる”

 

頷きを大きくしました。

何気ない日常に潜みながら、敵か味方かこちらを窺っている話題というやつを、くみ取るようにしていけばおのずと会話もとぎれなくなるはず。

 

また、この本はテクニック集っぽく『66のルール』て書いてあるが、最後のほうに「思いやりが大事」って書いてあって、

 

「その思いやりの気持ちを入れるためにテクニックが大事なんだな」

 

という気づきがありました。

けして、

 

「テクニック66個並べて、結局思いやりかい!」

 

などとは思わないで、本を閉じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ