充実読書ログ。

充実を浴びるために、本を読みます。

「かたづけ思考」こそ最強の問題解決

・一言でいうと?

 

リーダーとなるビジネスマンに向けて、「かたづけ思考」についてのメリットやノウハウが書かれている。

 

どんな本?

 

「かたづけ思考」というのは、大まかにいうと、「モノやコトを整理整頓することで効率をあげようという考え」であり、それを使いこなすヒントになるのが、まずは「5つの指針」だ。

 

まず「率先垂範」で自分をリードする力をつける。

「かたづけフレーズ、質問の駆使」で、チーム内の会話が増える。

そのチーム内の人間に「誰のためのかたづけなのか、当事者意識を奮い立たせる」には、自己利益に結びつくことを伝える。

そして、チームで「GPDCAサイクルを回し続けこと」は、各々の気づく力を育て、マネジメントの練習にもなる。

これらの指針を当たり前の「文化」にすることで、チャンスが舞い込み、チームにとって大きな成果となるのだ。

 

 

次に、「整理」と「整頓」の違いだ。

これらは、根底から違う。

「整理」とは、モノを減らすことであり、「分別」すること。

「整頓」とは、機能性の向上や散らかすことに対する抑止力となり、「分類」すること。

 

「分別」は、捨てる前提で分けること。

「分類」は、残す前提で分けること。

これらを意識して分けると、かたづけがスムーズになる。

かたづけが苦手だった人が、整理と整頓の違いを知ると、「整理ならできるかも、と前向きになり、デスクのかたづけを完遂した例もあった。

 

最後に、3つのかたづけについて。

「片づけ」とは、ものがあふれるのをリセットすること。

いわゆる、一般的な片づけ。

「型づけ」とは、習慣化のかたづけである。

たとえば、帰ってきたら小皿の上に鍵をおく、というのを決めておくと体でも習慣づけられる。

「方づけ」とは、片付けと型づけの先にあり、今までかたづかなかった「詰まり」とその裏にある「こだわり」に気づくことができる。

そこから、今大事にしたいものが何か、これからどんな風にしていきたいかに意識がむき、自分の目指したい生き方やワークスタイルなどの新たな目標が見えてくる。

 

これら3つの「かたづけ」がループのように回し続けることでアップデートされ、どんどん「かたづけ」は進化を続けていく。

 

自分のかたづけ思考が進化されれば、きっと仕事にも活かせるはずだ。

 

 

感想。

 

私は、片付けが苦手だ。

これまで幾度となく書類なども整理しようとしたが、うまくいかない。

いつも、片付けるべきものは、右から左である。

この本は、普段の片付けに対しても役に立つことが書いてあり、とても役に立った。

 

・片付けが仕事でいかに有用か。

・整理と整頓が違うこと。

・一回の片付けで終わらず習慣化すること。

 

など、役に立つことが満載だった。

片付けを後回しにしている10~20年前の自分にも読んでほしい本である。

 

 

『本を遊ぶ。』小飼弾 著

 どんな本?

年間5000冊を読破する著者が、自分の体験からの読書法や考え方を語る、圧倒的な読書論の本です。

独自の考え方を見られるので、参考になるでしょう。

 

 

 

感想

まず、この本には「読書で新しい自分は作れる」と書いている。

 

例えば、構想力=妄想力という小見出しの中で、

 

”「絵で説明される漫画よりも文字だけのほうが情報が制限される分自分の自由に描きやすい」”

 

ということが書かれている。

一般的には簡単に入ってくる漫画のほうが読みやすくて楽しいものなので求められやすい。しかし、文字だけだと自分の頭で自由に想像できる。

きちんと構築された物語に没入していくと、自分の世界を構築できるようになる。

それは妄想力であり、ゼロからの発想する力の土台になる。

その妄想に関しては、

 

人はいくつでも世界を持っていい。

自分の世界を自分で構築できるということは、人生も構築できる力がつくということ。それこそが「自分の頭で考える」ということ、ということを著者は書いている。

 

この「自分の頭で考える」ということこそが、筆者のいう「読書で新しい自分を作る」ために重要だという考えに至った。

 

 

次に、「批判的読書で頭を鍛える」ということにも注目したい。

先ほどの「自分の頭で考える」ということと似たところもあるが、ここでは「うさんくさい本で批判を練習する」というところに着目したい。

水からの伝言」の話で、きれいな言葉をかけるときれいな雪の結晶ができると言われているが、科学的には無根拠となっていることを例に挙げ、書いてあることを鵜呑みにするのではなく、本当のことかどうかを考えながら読むことを薦めている。

批判することは人格否定にはならない、しかし批判には代替案が必要。

きちんと批判することは世の中を良くする方法を考えることでもあるのだ。

 

そして、「本当の教養は人生を豊かにする」。

本当の教養とは何か。

教養は、英語で「caluture]。知識(「knowledge」)ではない。

大切なのは、自分の脳みそを耕すこと。

本は鋤や鍬。ネットは耕運機みたいなもの。

耕運機ではできないこともあるのと同じで、本でしかできないこともある。

教養を身に着ける基本の道具は本。

「自分で自分の脳みそを耕す事ができることが、教養がある」ということなんだ。

 

 

本を読むことの才能に長けた小飼氏。彼の持っている能力、性格と、読んできた数多の本から導き出された思考は、説得力を持ちつつも、少し距離を感じた。

しかし、小飼氏のような方が、いろいろな生き方があっていい趣旨を書いていたのは、救われたような爽快感があった。

 

『文章の書き方』を読んだ。

この本には明快な文章が書けるようになる本。豊富なNG例とOK例を交えてわかりやすく文を書くコツが書かれている。

 

まず、文の書き方のルールから。

「読点で文をダラダラつなげない」

結論から書くことで、読点をダラダラ使わずに文をまとめあげやすくなる。

「ボーナスで何を買うかどのようにして決めたのかというと、まず周囲の友達の意見を聞いてみて、貯金が多いことを知って・・・」

と書くより、

「ボーナスで以前から欲しいと思っていた腕時計を購入しました。周囲の友達の意見を聞くと、貯金をする人が多いので、少し迷いました。・・・」

と、まず結論から伝え、そしてから経緯をまとめたほうがいい。

一度箇条書きにして、それを読みやすいような文にする、ということだ。

 

そして、「句点を減らして文を読みやすくする」という部分から、短文とやや長めの文を組み合わせて読みやすい文を作るという部分も書いておきたい。

ブツブツと途切れる短文が続くと全体の大意をつかみづらくなるので、句点を効果的に使う。

15~20字の文でブツブツ切るより、それらをつなぎ合わせてバランス良い文を考えるのだ。

 

 

次に、文章力アップのコツだ。

 

ムダな言葉を削って整理しよう。

極力省いてシェイプアップした方が相手に伝わりやすい文章になる。

接続詞で組み立てて見直しの時に減らすことも大事だ。

接続詞は7種類ある。

「順接」「逆接」「並列」「対比」「例示」「説明」「転換」

これらを文の中で使ってみて、一度見直すことをする。

減らせるものを減らすと、なめらかな文章になり読みやすくなる。

 

文章表現のコツとしては、表現を和らげることをピックアップしたい。

この項目の中で、「発言を入れて読みやすくする」といのがある。

 

評論家の○○さんは、テレビで、子育てを放棄する母親が増えている・・・

 

とするより

 

「子育てを放棄する母親が増えている」

評論家の○○さんはテレビでそう言った・・・

 

とした方が人の目を引き付ける効果がある。

 

 

これらのことを駆使して、いかに読みやすいかというのを意識して書くことのステップアップをするための基本的なテクニックが書かれている本だ。

 

ちなみに、私もこの感想ログを書いているので、とても役に立てそうだ。

実用書なので、文の書き方に悩んだ時に見返すこともできろ。

他にも、日記も書いているのでしばらくお世話になりそうである。

 

『コールドリーディング』を読みました。

この本は、実際に使えるコールドリーディングのテクニックを紹介している本。

そのテクニックがどうして使えるか?という疑問を、人の心の動きの観点で説明し、具体例を挙げて実践で使いやすいように書かれている。

 

まず、人の潜在意識には現状維持をしようとするメカニズムが働いている。

ただのアドバイスでは、「今のままでいい」という潜在意識が勝ってしまうが、言い当てられたうえでのアドバイスだとその言葉に現実味が増す。

 

次に、アンベリファイアブルステイトメントという概念がある。

「裏付けのとりようのない主張を付け足す」ということで、例えば

「鈴木さんは他人におおらかで、自分に厳しいところがありますね」と言って

「自分には甘いんだ」言われたとき、

「ご自分では気づいてないのかもしれませんね」と裏付けのとりようのないことを付け加えることで、会話をスムーズに進めることができる。

 

RHS。手の指に関連付けてストックスピールの要素を覚えておくこと。

 右手・・・親指から、親分肌、人が好き、現在、情緒、赤ちゃん

左手・・・親指から、職人肌、人が苦手、過去と未来、論理、自立

 

 

読んでみて。

人を信用させるテクニックというのが知りたくて読んだ本。

パッと読んだ感じ、使えそうなテクニックがちらほらあった。

たとえば、「つい最近、人につらく当たったことがありますね?」

というセリフは、誰にでも当てはまるし、最近がいつのことかわからないくらいのぼんやり度なので、「相手はこの人は私の気持ちがわかってくれる!」となったりするようなことが書いてあり、そういう風に会話を楽しみたいと思っている。

ほかにも現状維持メカニズムは、今の自分がなかなか動けないことと、一般的に新しいことに踏み出すことに勇気がいることが多いだろうことから、わかっていたことではあるが心の琴線を撫でた。

 ほかにも、人と話すとき、RHSで話してみようかな、とも考え、いろんな人と話がしたい次第ではあるけど、なかなか実践する日がこなさそうな今日この頃である。

 

 

『嫌われる勇気』を読みでみました。

この本は、著者が解釈するアルフレッド・アドラーの思想を対話の物語形式でまとめたもの。

人生がうまくいかず悩める青年が「質問」し、それに対しアドラー哲学のもと「哲人」が答える。

そのやりとりの中で「どうすれば人は幸せに生きることができるか」を探る。

 

まず、この本で最初に言われるのは、「人は変われる」ということ。

そのためにアドラー哲学では「原因論」を否定し、「目的論」で考えている。

原因論では過去にある原因が、現在の結果を決定している、と考えるが、目的論では「人は目的にそって生きている」と考える。

例えば、原因論で、「外に出たくない(結果)のは不安があるからだ(原因)」という考え方は、「外に出たくない(目的)から、不安という感情を作っている(手段)」ということになる。

そこで、「幸せになる」(目的)という目的を達成するには、今の「不幸せと思う」ライフスタイルをやめ、選びなおす」という決心(手段)が必要となるのだ。

ライフスタイルというのは、性格や気質のことを指す。

この性格や気質を選びなおせる、とアドラー心理学では言っているのだ。

不幸せでいたいから、暗い気持ちになっているということならば、幸せになる、と目標を掲げたとき、明るい気持ちでいることで幸せになれるのだろう。

ただ、それは乗りなれない車を運転するような別の意味で新たな「不安」が出てくる。

そのためにも、「幸せになる勇気」というのが必要になる。

 

そして次に、対人関係で抱いてしまう「劣等感」。しかし、アドラー心理学では劣等感の定義を「理想に到達できていない自分に対し、まるで劣っているかのような感覚」とし、人との比較で劣等性を抱くものを「劣等コンプレックス」という言葉で表している。

具体的に言うと、

劣等感「私は学歴が低いから人一倍頑張らなきゃ」

劣等コンプレックス「私は学歴が低いから成功できない」

という感じで、自分との比較か、他人との比較かでの違いがある。

また、劣等コンプレックスがこじれると、「優越コンプレックス」というものになる。

「優越コンプレックス」とは、劣等コンプレックスを認めてくなく、あたかも自分が優れているかのようにふるまい偽りの優越感の浸ることである。

 

そもそも、劣等感というのは主観的な思い込みである。

物のとり方でそれはいいものにも悪いものにもなるものだ。

例えば、「身長が低い」ということはコンプレックスになりがちだが、その容姿が「人をなごませる」というとらえ方をすれば、「劣っているもの」ということにはならない。

 

そして、健全な劣等感を持つことは自分の成長にもつながる。

理想の自分と比較することで「ここができていないな」「こうすればもっと良くなる」と、できていないことを良くしてしていけば、その理想に近づいていくことができる。

今の自分より前に進もうとすることに価値がある、ということが書かれている。

 

 

 

最後に、大切なこととして「共同体感覚」という概念がある。

「共同体感覚」とは、他者を仲間とみなし、そこに「自分の居場所がある」と感じられること。この所属感が幸せにつながるのだ。

この「共同体感覚」を持つのに必要なのは、「自己受容」と「他者信頼」と「他者貢献」の3つ。

端的にいうと、

自己受容・・・肯定的なあきらめをすること。

他者信頼・・・いっさい条件をつけず他者を信じる。

他者貢献・・・目に見えずとも「人の役に立っている」と貢献感を持てること。

である。

 

なぜ共同体感覚が重要なのか。

 アドラー心理学の掲げる目標というものがある。

行動面の目標として

①自立すること

②社会と調和して暮らせること

この行動を支える心理面の目標として、

①わたしには能力がある、という意識

②人々はわたしの仲間である、という意識

 

①は自己受容に関し、②は他者信頼につながり、他者貢献につながっていく。

他者貢献をすることで、人は幸せになることができると、この本では言われている。

つまり「共同体感覚」とは、幸福なる対人関係の在り方を考えるもっとも重要な指標といえる。

 

 

「全ての悩みは人間関係にある」と、アドラー心理学では考えられている。

逆に言うと、幸福の源泉もまた対人関係にある、ということにもなる。

そのためにも「共同体感覚」を得るべくそれに向かう「自己受容」「他者信頼」「他者貢献」ことこそ、今から変えられる意識なのではないだろうか。

 

一瞬で相手を落とす!コールドリーディング入門』頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。

どんな本?

コールドリーディングを初めて学ぶ人のための、入門の本。コールドリーディングがどういうものなのかということと、初歩的なコールドリーディングの話術が書かれている。

 

 

コールドリーディングとは、トリックや話術を駆使して相手の現在過去未来を占ったように錯覚させる技法のこと。

 

その中に、ストックスピールというテクニックがあり、あらかじめ暗記しておいたセリフでリーディングすることを指す。

この本では12種類の基礎的なストックスピールが書かれているが、そのストックスピールの中に多く含まれているのは、「あいまいルーズ(法))」というもの。

あいまいな表現を使って、相手の情報を開示させる。

「あなたは、非現実的な野望を抱いてしまうことがある」と言われれば、人生の中で数回くらいは無謀なことを考えたことがあるものなので、当たっている、と錯覚してしまう。

他にも、ダブルバインドルーズというものがあり、それはイエスでもノーでもヒットする仕組みで工夫されてます。

例えば、「自分に対して厳しすぎるところがありますね」と言われ、あると答えると、言い当てられたことになるし、「甘いところがある」と言うと、その答え自体が自分に厳しいということになる。

ノーと言ったときにそういったこと自体が当たっている証明となるような仕掛けが組み込まれている、そのような仕組みがダブルバインドルーズなのです。

 

そして、また別のテクニックとして、フィッシングというものがあります。

これは、会話の中でさりげなく探りながら相手の譲歩を引き出すものです。

わかりやすい例で、ペットルーズというものがあります。

「あの・・・・もしかしてなんですが、犬を飼ってませんか?」

と問いかけ、飼っていると答えると、当たったことになるし、飼っていない、と答えた場合も、犬のイメージがする、どうしてだろう?と、相手と共同で考え、相手の答えを引き出させるテクニックです。

 

そして、著者が秘伝とまで言った大事なこととして「観察力」があります。

観察とは、多くの場合、客観的に観ることを指しますが、コミュニケーションの観察の場合、相手を中から観察することが肝になります。

セラピーにおいて、相手のことを知ろうと思ったら相手と一体になることが求められます。

相手を外から観察する科学的な観察は、心の観察では適用されない。

共感だと、感じてあげている私にフォーカスされ、自分を確認することになってしまう。

自分の心が相手の心になって、内側からこの人自身を感じたらどんなことが心に浮かぶだろう?

こう考えることが、コミュニケーションにおける秘伝だそうです。

 

 

 

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。 『自分の考えがうまく伝わる要約の技術』

頭の使い方のクセを変えるための読書、7冊目。

どんな本?

さまざまな具体例を通じ、効果的な要約の方法や、要約力を高めるためのスキル、ヒントが身につくことが書かれてます。これを手元に継続して実践すれば、要約力が確実にあがるでしょう。

 

こんな人に。

・いろいろ考えは頭に出るけど、まとまらない人。

・たくさんの事例から丁寧にまとめる、要約する、ということを知りたい人。

 

 

感想

わたしは、要約するのが下手です。

人に説明するときも、どう話したらいいのかうまくまとまらなかったり、必要でないことを長々話したり、ということがありました。

それで、この本を手に取ってみました。

この本は、わたしのようにまとめるのが下手な人間にはすごい良書です。

まず、さきほどわたしが言った、「必要でないことを長々話したり」ということですが、まさにこの本にそのことが書いてありました。

 

わたしは昔、知人に「見た映画はどんな映画だったの?」と聞かれ、最初から最後まで順を追って話したりしたことがありました。

おそらく、知人はそれを聞いてまだるっこしかったでしょう。

この本には、そうした冗長な話より、多くの人は要約された話を欲しがっている、ということが書かれていました。

もちろん、わたしもそれをわかっていてもうまくまとめられない。しかし、すぐに切り返さなくてはならない。

「どうしたらまとめるのがうまくなるんだろう?」と悩み、この本にたどり着いています。

 

著者が言うには「要約には流れ・原則がある」ということです。

 

・全体の流れをつかむ

・文章の構造がどうなっているかを考える

・目的を確かめて重要な部分を選別する

・残す部分を考えながら抽象度をあげる

・誤解のない形に仕上げる

 

という手順に沿って要約をすると、文章が正確かつコンパクトになる、ということです。

これらは第2章の冒頭に書いてあり、まだ「抽象度」が高いですがここから各ページでこれらの項目の具体的な解説がとても丁寧にされています。

 

わたしはこの本に出会えてとてもよかったと思ってます。

わたしのような頭の回らないものには、概念だけではなく「具体的にどうすればいいのか?」ということを書いてもらえると、「こういう場合はこうしたらいいのね!」となるので、そういった本はありがたいです。

どうしても、多くの本はここまで具体的ではなく、もう一段階上の「抽象度」でとまってしまうので・・・。

もちろん、書いてあることを実践しなければ、上手くも早くもならないでしょう。

こうしてブログを書いているのも、その訓練の一つです。

 

まとめるのが上手ではないみなさん、おススメの本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ