30代無職、リア充になるための読書ログ。

何事にも興味がわかなくなった読書経験が少ない30代無職職歴ほぼ無し男が、リア充になるために本を読みます。

『コールドリーディング』を読みました。

この本は、実際に使えるコールドリーディングのテクニックを紹介している本。 そのテクニックがどうして使えるか?という疑問を、人の心の動きの観点で説明し、具体例を挙げて実践で使いやすいように書かれている。 まず、人の潜在意識には現状維持をしよう…

『嫌われる勇気』を読みでみました。

この本は、著者が解釈するアルフレッド・アドラーの思想を対話の物語形式でまとめたもの。 人生がうまくいかず悩める青年が「質問」し、それに対しアドラー哲学のもと「哲人」が答える。 そのやりとりの中で「どうすれば人は幸せに生きることができるか」を…

『五感でトライ!ふしぎな感覚ゲーム』を読んでみました。

どんな本? 人間の五感を使った不思議な遊びがたくさん載せられている本。 本の特性からか、視覚を扱ったものが多い。 内容は、人間の錯覚や、科学現象からできる非日常の現象を紹介している。 読んでみて。 五感の不思議な現象にどんなものがあるか知りたく…

一瞬で相手を落とす!コールドリーディング入門』頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。

どんな本? コールドリーディングを初めて学ぶ人のための、入門の本。コールドリーディングがどういうものなのかということと、初歩的なコールドリーディングの話術が書かれている。 コールドリーディングとは、トリックや話術を駆使して相手の現在過去未来…

『敏感すぎる自分を好きになれる本』生活を明るくするための読書。

臨床医の経験をもとに、HSPとはどういうものなのか?HSP気質とどうかかわっていくか書かれた本。 内容 HSPとは、Highly Sencitive person の略で、小さなことを気にしてしまい、ちょっとしたことに敏感に反応してしまう人たちのことです。 たとえば…

頭の使い方の「クセ」を変えるためにヨガDVD買いました。

先日、マインドフルネス瞑想の本を読み、身体の健康を考えてYoga100 DVD というDVDを購入しました。 実は、購入前にヨガの教室に何回か行ってみたんですが、なかなかハードで、家で鍛えなきゃ、と思いいろいろ調べて購入。 できればただの美容や女性向け…

『マンガでわかる大人のADHDコントロールガイド』生活を明るくするための読書。

どんな本? ADHDの症例、克服法をマンガを使って書いた本。 病院での臨床体験や日米での研究で効果のみられたメソッドをマンガで具体例を用いてわかりやすく紹介しています。 こんな人に。 ADHDをうたがっている人はもちろん、すぐ気が散る人、衝動…

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。 『自分の考えがうまく伝わる要約の技術』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、7冊目。 どんな本? さまざまな具体例を通じ、効果的な要約の方法や、要約力を高めるためのスキル、ヒントが身につくことが書かれてます。これを手元に継続して実践すれば、要約力が確実にあがるでしょう。 こんな…

読書経験が少ない30代無職が数日数冊読書をしてみて。

数日数冊読書をまじめにしてみて。 これは、普段2chまとめとかマンガしかみてなく、たまに本を買っては一読して、その本の内容など覚えていないくらいの頭の持ち主の、ある30代無職の感想です。 しんどい! 何をやっても長続きしないわたしが、読書記録をつ…

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、6冊目。 どんな本? リッツ・カールトンのサービス哲学を通じて人と接するときのヒントを与えてくれる本。 こんな人に。 ・やる気充実、発奮間近の若者に。 感想 いやはやまったく、この本はつらい。 何がつらいっ…

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『自分の考えを「5分でまとめて」「3分で伝える」技術』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、5冊目。 どんな本? この本には、自分の考えをまとめる時の手助けになったり、仕事などのコミュにケーソンで役立つことが書かれているので、実践すれば物事をまとめることや、伝えることがうまくなる。 こんな人に…

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。 『脳科学×瞑想で集中力が高まる 世界のエリートがやっている最高の休息法』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、4冊目。 どんな本? この本には科学的根拠を踏まえて脳を休ませる方法が書かれていて、読めば脳を休ませるためのマインドフルネスで心を落ち着かせることや、脳の疲れや習慣を良くすることが書かれています。 ただ…

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『キュレーションの時代―「つながり」の情報革命が始まる』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、3冊目。 どんな本? ネットでの新現象を読み解き、情報の価値の変化や、その中でキュレーションの価値が高まっていることへの考察が書かれています。 キュレーション=価値を見出し紹介する人 といったところで、消…

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『会話がとぎれない話し方66のルール』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、2冊目。 ・どんな本? 会話での聞き方、話し方、質問で、話を弾ませて15分以上会話を続けられるようになるテクニックが書かれた本。それぞれのステップでその方法が細かく書かれています。 こんな人にオススメ。 ・…

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『アクティブブレイン式 記憶できる読書術』

・本を一言で。 「本の内容が憶えられ、効率よく読めるようになり、人に伝えられるようになる」ことが書かれている本。 こんな人に。 ・これから本を長い期間読んでいきたい人 本の内容を覚える方法が具体例を用いて書かれてます。 ・本を読んでいて、内容を…

はじめに。

わたしがこれを書いている今、34歳です。 これまでの人生、物事を斜に構え、冷めていて、どこかニヒルでした。 何かに熱中することや、根気をだすということは、3日坊主なことが多かったです。 もちろん、根気を出そう、努力をしよう、と思ったこともあり…