オイラ的充実読書ログ。

人生を充実させるために、本を読みます。

2019-09-29から1日間の記事一覧

筒井康隆の小説感想その29 『ちきゅうはおおさわぎ』

『ちきゅうはおおさわぎ』 宇宙からやってきた石に命を吹き込まれた地球の全ての鉱物が動き回ってしまうという話。 ちきゅうはおおさわぎしているが子ども用のおおさわぎなので、オイラはの心は空騒ぎしない。 落ち着いたもんである。逆にていねいな言葉を使…

筒井康隆の小説感想その28 『うちゅうをどんどんどこまでも』

『うちゅうをどんどんどこまでも』 子どもが宇宙船にのり、なすがままにユートピアを発見する話。 オートメーション冒険。 子どもたち二人が、古い宇宙船にのって、ボタンを押す。そうするとたちまち、その宇宙船は宇宙に飛び出すのだが、操作方法がわからな…

筒井康隆の小説感想その27 『かいじゅうゴミイのしゅうげき』

『かいじゅうゴミイのしゅうげき』 ほうしゃせいぶっしつのために産まれたかいぶつゴミイがゴミのあるところへ行き、暴れ回る。 小学校低学年向け作品。 筒井節として、放射性物質が間違えて持ってこられて怪物を産んだところ、大人が自分が助かることを考え…