オイラ的充実読書ログ。

人生を充実させるために、本を読みます。

2019-11-01から1日間の記事一覧

筒井康隆の小説感想10冊目 『幻想の未来』

幻想の未来『幻想の未来』遠い未来の地球。物はなくなり、放射能の汚染する中、適応を遂げた生物が、食料、他の生物、何かを探し求め、生きる。物質がなくなり、大気に意識が残る、という精神文明の世界。現代でもふと考える、「何の為に生きているのだろう…