オイラ的充実読書ログ。

人生を充実させるために、本を読みます。

2019-11-17から1日間の記事一覧

筒井康隆の小説感想14冊目 『霊長類南へ』

『霊長類南へ』 最終核戦争が勃発した。人類絶滅に向かうまでの人間の異常で過剰な生きる欲望を描いた話。なんと言っても、キャラクターのコミカルさが良い。セリフがいい。恐怖に慄いたアナウンサーの語尾が全部「ありましょうか」だったり、チンケなプライ…