30代無職、リア充になるための読書ログ。

何事にも興味がわかなくなった読書経験が少ない30代無職職歴ほぼ無し男が、リア充になるために本を読みます。

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書。『自分の考えを「5分でまとめて」「3分で伝える」技術』

頭の使い方の「クセ」を変えるための読書、5冊目。

 

どんな本?

この本には、自分の考えをまとめる時の手助けになったり、仕事などのコミュにケーソンで役立つことが書かれているので、実践すれば物事をまとめることや、伝えることがうまくなる。

こんな人に。

本をあまり読まず、

・口下手で、一歩踏み出したい人に。

・伝えることより、まずまとめることをしたい人に。

 

読書難易度★★

 

 感想 

わたしは本の内容を覚えることともに、まとめることが多分に下手です。

なので、今は『本の内容をまとめる本』を中心に読書をしてます。

この本は5年位前に買って放置していた本。おそらく、そのころから『まとめる』ことに苦労をしていたんでしょう。

読んだかどうかもわからなくなっていた。ああ、わたしは記憶力も悪いのです。

今回、人生を楽しむコツをつかみたく読書をしているわけだが、そのためには頭に残る読書をしなくては。

そのための何冊かのうちの一冊。

 

読み終えて。

 なかなかタイトルの通りの本というのには当たらないですね。

5分でまとめると書いてあったのは”30分読んで5分間振り返ろう”という部分だったし、3分で伝えるというのは”新聞のリードのような問題提起、提案、根拠の場合、ひな型をつかえば3分で伝えられる”ということでした。

交渉事の項目でも、”5分聞いて3分は話す気持ちで”とも書かれているが、けっして、タイトル通りのことではなかったです。

なんだったら、

とりあえず「5分でまとめて3分で伝える」技術を考えてみる

ということが書いてありました。

この本はとりあえず、考えてみる本みたいですね。

こういうのはしょうがないねと笑って、次の本に行けばいいのでしょうか。

昨今言われている、「一冊の本からは一つのことがわかればもうけもの」という風潮はどこから来た風なんでしょうか。

今一度本のタイトル負けの件については、世に一考を促したいもの。

 

 

といっても、この本は多分に役に立つ知識も書かれていました。

『まとめる力』もコツコツトレーニングすることで培われるということや、本を読んだだけでは内容が残らないこと、メモの重要性など、よく言われていることですが定期的に頭に置いておいて習慣化すべきことが語られていました。

『ひな型』の概念も、ぼんやりしていたものであった中、少しだけ詳しくまりましたし。

当たり前のことでもどのような『角度』でどのような『人物』が語るのか、どのよにうに『肉付け』するのかで、もしかしたら本はバイブルにもなるかもしれないです。

タイトル負けをしていてノウハウ本ではないけれど、考え方をもう一度頭に呼び起こすものとして、こういう本もいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ