30代無職、リア充になるための読書ログ。

何事にも興味がわかなくなった読書経験が少ない30代無職職歴ほぼ無し男が、リア充になるために本を読みます。

『コールドリーディング』を読みました。

この本は、実際に使えるコールドリーディングのテクニックを紹介している本。

そのテクニックがどうして使えるか?という疑問を、人の心の動きの観点で説明し、具体例を挙げて実践で使いやすいように書かれている。

 

まず、人の潜在意識には現状維持をしようとするメカニズムが働いている。

ただのアドバイスでは、「今のままでいい」という潜在意識が勝ってしまうが、言い当てられたうえでのアドバイスだとその言葉に現実味が増す。

 

次に、アンベリファイアブルステイトメントという概念がある。

「裏付けのとりようのない主張を付け足す」ということで、例えば

「鈴木さんは他人におおらかで、自分に厳しいところがありますね」と言って

「自分には甘いんだ」言われたとき、

「ご自分では気づいてないのかもしれませんね」と裏付けのとりようのないことを付け加えることで、会話をスムーズに進めることができる。

 

RHS。手の指に関連付けてストックスピールの要素を覚えておくこと。

 右手・・・親指から、親分肌、人が好き、現在、情緒、赤ちゃん

左手・・・親指から、職人肌、人が苦手、過去と未来、論理、自立

 

 

読んでみて。

人を信用させるテクニックというのが知りたくて読んだ本。

パッと読んだ感じ、使えそうなテクニックがちらほらあった。

たとえば、「つい最近、人につらく当たったことがありますね?」

というセリフは、誰にでも当てはまるし、最近がいつのことかわからないくらいのぼんやり度なので、「相手はこの人は私の気持ちがわかってくれる!」となったりするようなことが書いてあり、そういう風に会話を楽しみたいと思っている。

ほかにも現状維持メカニズムは、今の自分がなかなか動けないことと、一般的に新しいことに踏み出すことに勇気がいることが多いだろうことから、わかっていたことではあるが心の琴線を撫でた。

 ほかにも、人と話すとき、RHSで話してみようかな、とも考え、人と話がしたい次第ではあるけど、いかんせん無職なもので、なかなか実践する日がこなさそうな今日この頃である。