充実読書ログ。

人生を充実させるために、本を読みます。

『まだ生きてる・・・』1&2巻(本宮ひろ志)を読んで。

概要

 

うだつのあがらない人生だった定年を迎えた主人公の男が、自殺をするために入った山で死にきれなかった事をきっかけに、そこで生活をする。

文明のない中で主人公は「生きる」ことを見つめ直し、そこに幸せを実感し、そして死ぬ。

 

感想

生きるとは、人間とはどういうものなのか、自分の過去と重ね合わせて、目に涙が浮かぶシーンもあった。

 

人生の壁にぶつかった人や、価値観のしがらみにとらわれている人にオススメ。

 

最終巻の2巻まで読み終わった頃には、鼻の周りにヴェポラップを塗ったかのようにスッキリして、さらには涙も出るはずだ。