充実読書ログ。

充実を浴びるために、本を読みます。

『マインドマップ読書術』大岩俊之 著(明日香出版社) を読んで。

どんな本?

読書した内容をどうやってマインドマップにしたらいいのか、そしてマインドマップにまとめた内容をどのように活用するかが書かれた本。

実例があり分かりやすく、基本ルールや実際に使う道具なども紹介されている。

 

本の内容

 

マインドマップを読書に使うメリットをあげる。

まず、記憶に役立つ。

記憶には記銘、保持、想起とパートが分かれるが、マインドマップは想起の部分に大きく関わる。

想起は、『最初と最後』『つながりを持つこと』『目立つもの』に働く。

マインドマップは性質上、色や絵、連想などを使う。

それが、想起することを大きく助けるのだ。

 

頭の整理にも使える。

悩みやその原因、どうして起こった?と一枚の紙に書き進めていくことで、解決法が見つかる。

俯瞰して見ることで、気づきを得ることもできる。

 

そして、まとめるのが得意な性質も持つ。

授業の内容で一度とったマインドマップを家に帰ってまとめたり、資格試験テキストの中身をテーマやキーワードでまとめてることで、理解が深まったり、要点が分かったり、記憶しやすくなったりする。

 

 

 

 

 

 

次に、読書マインドマップを書く色々な方法を紹介したい。

その方法は、5つに分かれるが、その中から3つを重点的に書く。

 

1つ目は、『本の外側をまとめる』ということ。

本の外側は、人の手にとってもらうために、かなり工夫されている。

タイトル、帯、著者プロフィール、はじめに、おわりに、目次とマインドマップに描いて行くことで、概略をつかむ。

そうすると、軽く本を読んだような知識を得ることができる。

これをやっておくと、ほんの中身を読んだときの理解度が増すだろう。

 

2つ目は、『本に質問する』ということ。

質問という『目的』を持つことで、脳はその答えを見つけるために、文章をフォーカスする。

質問は3つほどあるといい。

その答えを探す方法だが、目次から探す方法と、いつもより速いスピードで一度読む方法がある。

速いスピードで読んでいくうちに、答えと思われるところが目の端にかかるはず。

そういったところにふせんを貼り、今度はじっくり読む。

そうすることで、自分にとって必要な情報がすぐにわかる。

 

3つ目は、『重要だ思ったところをまとめる』ということ。

これは、自分が重要だと思うところで良い。

この方法のメリットは、先程の『本に質問する』たくさんの情報を得られるというところだ。

本一冊を徹底活用する方法だと言える。

これをすると、本の中でどの情報が自分にとって重要なのかもわかったりするのも利点だ。

 

 

感想

実例が多数あり、マインドマップをどうやって描くかが非常にわかりやすい本だった。

他の本ではここまで書かれていないのでとてもありがたい。

マインドマップ初心者に寄り添ってくれている著者に敬意を表したい。