オイラ的充実読書ログ。

人生を充実させるために、本を読みます。

筒井康隆の小説感想21冊目 『脱走と追跡のサンバ』

 

この世界から脱出したい「おれ」が、支離滅裂に追いかけられる話。

追いかける「追跡者」、よくわからない立ち位置に「正子」がいる。

この小説は、頭のいい人が頭の中の想像の幅を広げ、その振り幅の運動を楽しむ小説のように感じた。ある意味、文字で読む夢のような部分もあったり、反面くどすぎる理屈っぽい文が長々と書かれていたり。

いわゆるこの話は、形のあるストーリーものではない。話の展開すら読めないので、今までの筒井康隆の作品のドタバタより、さらに無茶苦茶さが際立つ。

「つまり、どういうことだ?」ということへ要約できない、文章を読む人へのエクササイズ的作品だと思った作品。